世界初!光ファイバー無料プロバイダー OpenBit.Net

サービス概要

OpenBit.Net 光 FREE

サービス概要

ご利用料金

クラウドオプション

会員の方はこちら

MyOpenBit.Net

契約内容の確認

登録情報変更

料金明細確認

Smart Mail

Webメール

サポート

FAQ

メンテナンス・障害情報

ダウンロード

メールスタートツール

概要

ダウンロード(Windows版)

プランの内容や特徴が知りたい

Outlook 2003(IMAP)

新規設定

Outlook 2003を起動します。

「次へ」をクリックします。

「IMAP(I)」を選択し、「次へ」をクリックします。

ユーザー情報
名前(Y)お客様のお名前
電子メールアドレス(E)お客様のメールアドレス
メールサーバーへのログオン情報
アカウント名(U)お客様のメールアドレス
パスワード(P)メールパスワード
サーバー情報
受信メールサーバー(IMAP)(I)受信メールサーバー
pop.openbit.net
送信メールサーバー名(SMTP)(O)送信メールサーバー
pop.openbit.net

を入力し、「詳細設定」をクリックします。

OpenBitのメールサーバでは、SSL(暗号化)にも対応しております。
下記表をご参考にして、お客様のご希望に合わせて設定してください。

 暗号化プロトコルサーバ名ポート番号
受信なしIMAP4imap.openbit.net143
ありIMAP over SSLimap.openbit.net993
送信なしVSMTPvmail.openbit.net587
ありSMTP over SSLvmail.openbit.net465

* STARTTLSにも対応しております。

「送信サーバー」タブを選択します。

「サーバー(SMTP)は認証が必要(O)」にチェックを入れ「受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)」を選択します。

「詳細設定」タブを選択します。

送信サーバー(SMTP)587

と入力し、「OK」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「完了」をクリックします。

設定完了です。

△このページのTopへ

設定の確認

Outlook2003を起動します。

「ツール」の「電子メールアカウント(A)」を選択します。

「既存の電子メールアカウントの表示と変更(V)」を選択し、「次へ」をクリックします。

既に設定されているアカウントを選択し「変更」をクリックします。

ユーザー情報
名前(Y)お客様のお名前
電子メールアドレス(E)お客様のメールアドレス
メールサーバーへのログオン情報
アカウント名(U)お客様のメールアドレス
パスワード(P)メールパスワード
サーバー情報
受信メールサーバー(IMAP)受信メールサーバー
pop.openbit.net
送信メールサーバー(SMTP)送信メールサーバー
pop.openbit.net

OpenBitのメールサーバでは、SSL(暗号化)にも対応しております。
下記表をご参考にして、お客様のご希望に合わせて設定してください。

 暗号化プロトコルサーバ名ポート番号
受信なしIMAP4imap.openbit.net143
ありIMAP over SSLimap.openbit.net993
送信なしVSMTPvmail.openbit.net587
ありSMTP over SSLvmail.openbit.net465

* STARTTLSにも対応しております。

を入力し、「詳細設定」をクリックします。

「送信サーバー」タブを選択します。

「サーバー(SMTP)は認証が必要(O)」にチェックを入れ「受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)」を選択します。

「詳細設定」タブを選択します。

送信メール(SMTP)587

を確認し、「OK」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「完了」をクリックします。

設定完了です。

携帯版にログイン
WebメールアクセスQRコード 携帯電話で左のQRコードを読み取ってアクセスするか、携帯のブラウザで「https://msg.openbit.net/」と入力しアクセスしてください。
目的別メニュー
メールマニュアルTopへ
メールサービス一覧を確認する
現在のメール設定を確認する

△このページのTopへ

AndroidでServersMan@Diskの操作ができますか?

はい。できます。 以下の手順でご利用いただけます。
 
 1.AndroidにServersMan@Androidをインストール 
下記URLからAndroidにServersMan@Androidをインストールします。
https://market.android.com/details?id=com.freebit.serversman&feature=search_result
            
 2.メールアドレスの登録 
「初めての人は登録が必要です。」のメールアドレス入力欄に ServersMan@Disk で設定された
メールアドレスと同じメールアドレスを入力します。
            
 3.Shell@Android の選択 
ServersMan@Androidにログインして画面の上段、Shell@Android を選択します。
              
 4.ServersMan@Disk の表示を選択 
ServersMan@Disk の表示を選択します。 ServersMan@Disk にアクセスしてファイル操作が可能となります。
   
ServersMan@Androidの詳細はこちらをご確認ください。
ServersMan@Androidの「よくあるご質問」はこちらをご確認ください。
     

アップデートがNortonのセキュリティソフトにより遮断されてしまう場合の対処方法

ServersMan@Diskのアップデートファイルが、ノートンにて自動削除される現象を確認しております。
こちらは、ノートンのインターネットセキュリティ機能が、新しいアプリケーションに対して脅威の可能性があると判断し、
アップデートファイルを自動的に削除したり、危険の通知行うもののようですが、 該当ファイルは、スパイウェアや
ウィルス(セキュリティリスク)ではないことを確認しておりますので、 ご安心ください。
また、脅威の可能性があると判断された場合は、以下の方法で、検知リストから除外することができます。

ServersMan@DiskのWEBインターフェースの転送量について

WEBインターフェースにつきましては、1ファイルあたり最大100MBの制限を設けております。
なお、専用アプリケーションはに転送制限はございません。

ServersMan@Disk料金について

ServersMan@Disk単体でのご請求はありません。
ServersMan@Diskはクラウドオプションサービスの一部のため、
クラウドオプションのご利用料金となります。

ServersMan@Disk初期費用について

初期費用が発生することはございません。

ServersMan@Diskでのホームページ公開について

ServersMan@Diskをホームページとして利用することはできません。

ServersMan@Diskのディスク使用率の確認方法について

MyOpenBit.Netからご確認いただけます。

ServersMan@Disk クライアントソフトウェアの利用OSについて

ServersMan@Diskをご利用いただけるOSは以下のとおりとなります。
Windows XP SP3以降、Windows Vista 32ビット・64ビット、Windows 7 32ビット・64ビットです。
※Macintoshでは、現在ご利用いただけませんので、あらかじめご了承ください。

ServersMan@Diskについて

インターネット上にあるお客様専用のディスクスペースです。 専用アプリケーションをご利用いただくことで、
パソコンの 外付けハードディスクのようにご利用いただけます。